FC2ブログ

グルコサミンなどのサプリメントについて

09-01,2013

巷ではグルコサミンやコンドロイチンなどが、関節痛の特効薬かのように広告されています。
新聞やテレビでしょっちゅう見かけますね。
かなり高価なようですが、実際に飲んでいる患者さまもたくさんいらっしゃいます。

medical-drugs-for-pharmacy-health-shop-of-medicine-2_l.jpg

しかしこれらのサプリについては、確かなデータに乏しく、確実に効くとは言い難い状況です。
医薬品としても存在していません(ヒアルロン酸の関節内注射を除いて)。

今年の5月に発刊された「サプリメントのほんととウソ」という書籍から、関節痛と関連が高いサプリについての記述を抜粋してみました。





<グルコサミン>
・ヒト変形性関節症患者を対象とした臨床試験が数多く実施されていますが、グルコサミンの効果については一致した結論が得られるにはいたっていません。
・現時点では、グルコサミンの経口摂取による変形性関節症改善効果は期待できないと考えるべきでしょう。
・糖尿病患者が(中略)使用したことによって血糖値が上昇したとの報告や、(中略)血清コレステロール値や血圧を上昇させるという報告もあります。(中略)糖尿病、脂質異常症、または高血圧のリスクのある人は、グルコサミンの使用には注意するべきです。


<コンドロイチン硫酸>
・コンドロイチン硫酸の変形性関節症改善作用について、現時点では一致した見解が得られていません
肝機能障害を発症した症例がいくつかあり、低純度のコンドロイチン硫酸サプリメントの利用には注意が必要でしょう。


<ヒアルロン酸>
経口摂取によるヒトでの有効性については信頼できるデータはみあたりません
・ヒアルロン酸の経口摂取の安全性については、ヒトを対象とした十分なデータがないため、注意が必要です。


<コラーゲン>
変形性関節症、関節リウマチいずれの疾患についても、現時点では信頼に足るデータが乏しく、今後詳細な検討が必要です。
・世間一般でうたわれている美肌効果については、プラセボ効果以上の効果は見込めないと考えるべきです。
・コラーゲンの原材料である牛、豚、鶏、魚類に対して重篤なアレルギーをもつ場合には、摂取すべきではありません


以上のように、現時点ではどのサプリも効果が実証されているとは言えません。
コラーゲンの美肌効果も期待できない様です。

また、医薬品に比べれば安全性は高いものの、まったく副作用がないわけではありません。

これから飲んでみようと考えている方、また飲んでいても実感が得られない方は、一度考え直してみてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト



COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK